2010年6月1日火曜日

Fake Meat Uppu Kari風

大豆のグルテンミートがたくさん家にあります。ときどきなんらかの料理を作っていて、ごくたまにインド料理にも使ったりします。今日の料理は、〜風です。〜風。
本来はUppu Kari(Uppu=塩、Kari=マトンの略称(Aatu Kari))、マトンを使う料理なんだけど、グルテンミートでやったらどうかなと思ってためしにやってみたくなったんです。
マトンに塩をマリネートして、圧力鍋でもってショウガなんかと圧力をかけます。それからホールスパイスとシードスパイスでもって、炒めるわけです。パウダースパイスは使わないで、シンプルに作るようです。それと、ホールチリを結構たくさん入れるみたいですねぇ。私も手持ちのチェリーのホールチリを10個近く入れましたよ。シナモン、フェンネル、カレーリーフ、タマネギスライスに、ニンニクスライス、タマネギとココナッツフレークを茶色まで炒めて、グルテンミート投入。しばらく炒めて出来上がりって感じです。香ばしくてこれはこれでうまいです。なにせ、素材の持ち味が決め手になるんで、マトンもいいやつを使いたいですね。いずれ生マトンが手に入ったら再度作りますよ。

3 件のコメント:

  1. チェリーのチリ!すんばらしいです。
    インドで言うKariって、肉って意味だったり具って意味だったり、カレーって意味だったり、ときには野菜炒めみたいな料理のことを言ったり、さらにkadhiと聞き間違えたりして、いったいCurryってなんなの〜!って思っちゃいます。
    でも、そんなところがとってもインドらしいような気もします。

    返信削除
  2. チェリーのチリは、結構もっています。やっぱ、コレ香りがいいんですよね。
    Uppu KariのKariは、主に肉の総称で、特にマトンを指すようです。
    しかしkariはやっかいな言葉ですね。

    返信削除
  3. 素晴らしいアイデア、ありがとう...

    返信削除